置き換えダイエット

置き換えダイエットで重要視すべき栄養素はコレ

置き換えダイエットで重要視すべき栄養素はコレ

これから置き換えダイエットに挑戦しようというときに、まず考えるのは「食事を何に置き換えるのか」ということですよね。たとえば「SNSで話題のスムージーにしよう」とか、「あの有名人も使っている酵素ドリンクがいいな」とか、いろいろと考えることでしょう。

どのダイエット食品を選ぶかはそれぞれの判断ですが、同時に考えて欲しいのは栄養素についてです。「この食品を選んだらどんな栄養素がとれるだろう」とか「足りない栄養素はないかな」など、ダイエットを行っていく上で必要になる栄養について、ぜひ知っておきましょう。

生きていく上で欠かせない栄養素

私たちがいつも口にしている食べ物にはさまざまな栄養素が含まれています。その中でも、人間が生きていく上で欠かせない栄養素とされているのがタンパク質、糖質、脂質の3つで、この3つを三大栄養素と呼んでいます。

置き換えダイエットをする際にも、三大栄養素はもちろん重要になるものです。「ダイエットなんだから糖質と脂質はいらないんじゃない?」と思う人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。ダイエットをしている間でも、三大栄養素はすべて大切な栄養素なんです。

三大栄養素

それでは三大栄養素を1つずつ見ていきましょう。

タンパク質

骨や筋肉、皮膚、毛髪、臓器、血液、酵素、ホルモンなど、人間の体を作る原料となる栄養素です。タンパク質は、約20種類のアミノ酸が結合してできています。アミノ酸の中には、体内で合成できないために食品から摂取しなければいけないものが9種類あり、必須アミノ酸とよばれています。

ダイエットをするときにもっとも重要視するのは、タンパク質ではないでしょうか。タンパク質が足りなくなると筋肉の量が減ります。筋肉が減ると代謝も落ちてしまうので、どんどん痩せにくい体になってしまいます。とても重要な栄養素です。

糖質

人間の一番のエネルギー源です。体内にとり入れられた糖質は、消化・分解された後にブドウ糖に変化し、脳や筋肉が動くための重要なエネルギー源としての役割を担います。

無理なダイエットで体内の糖質が足りなくなってしまうと、糖質不足を補うために筋肉が分解されてしまいます。分解された筋肉はアミノ酸に変化し、アミノ酸から糖質に変化します。つまり、糖質が足りなければ筋肉は分解されてしまい、筋肉量が減ることで基礎代謝が下がり、痩せにくい体質になると考えられています。

脂質

脂質は糖質と一緒にエネルギー源として利用される栄養素で、少ない量でも大きなエネルギーを生み出すことができます。しかし、糖質が不足したときだけエネルギーとして使われるので、普段は体内に蓄積されたまま出番を待っています。摂り過ぎてしまうと、体脂肪が増加してしまいます。

脂質には脂溶性ビタミンの吸収を促すという働きもあります。脂質不足で脂溶性ビタミンが不足してしまうと、肌荒れの原因になることもあります。

五大栄養素

タンパク質、脂質、糖質の三大栄養素に、ビタミン、ミネラルの2つを加えた5種類を五大栄養素と呼びます。ビタミンとミネラルについて見ていきましょう。

ビタミン

体の調子を整える栄養素です。脂溶性ビタミン4種類と水溶性ビタミン9種類の、計13種類に分類されます。体内ではほとんど合成できないため、食べ物から摂取する必要があります。

ミネラル

骨や血液をつくる栄養素です。ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リンなど、全部で16種類あります。身体機能の維持や調整に欠かせません。

ビタミンもミネラルも、ダイエットには欠かせない重要な栄養素です。たとえば、ビタミンB1やビタミンB2、カルシウム、マグネシウムなどは体脂肪を燃やすサポートをしてくれます。また、ビタミンB2、ビタミンB6、カルシウム、亜鉛、クロムなどは脂肪を蓄積しにくくする助けをします。

このように5大栄養素はそれぞれに役割があり、置き換えダイエットをする際にはどれも重要になるのです。

食物繊維

食物繊維は「第六の栄養素」とも呼ばれ、このところ注目を集めています。

食物繊維には水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維があります。どちらも水分を吸収すると膨らむ作用があり、ダイエット食品には欠かせない栄養素となっています。

水溶性食物繊維

腸の中の余分なコレステロールを排出する働きがあります。また、水分を吸収してかさを増やす働きもあります。主な成分はこんにゃくに含まれるグルコマンナン、昆布やワカメなど海藻類に含まれるアルギン酸ナトリウムなどがあります。

不溶性食物繊維

腸内で水分を吸収して便を柔らかくする働きがあり、便秘解消に役立つと言われています。主な成分は、さつまいもなどに含まれるセルロース、ごぼうなどに含まれるリグニン、エビやカニの甲羅に含まれるキチンなどがあります。

置き換えダイエットは普段、食べている食事でさえ中々、必要な栄養素が補えてない状況です。置き換えない時間の食事内容は栄養素を意識して食事をすることをオススメします。また置き換えるダイエット商品や食材も栄養素が豊富なものを選びましょう。